社会福祉法人まごころ会グループホーム神田園

指定認知症対応型共同生活介護

TEL.045-371-9181

〒241-0012 横浜市旭区西川島町68-11

未分類

マズローと神田園

欲求の5段階説で有名なマズローですが、神田園の介護でも活用させてもらっています。

第1段階 生理的欲求⇒生きていくための基本的・本能的な欲求(食べたい、飲みたい、寝たいなど)⇒身体介護
第2段階 安全の欲求⇒不安・混乱無く生活したい⇒専門的な認知症ケア
第3段階 所属と愛の欲求⇒集団に属したり、仲間が欲しくなる⇒お手伝い、持ちつ持たれつ・頼り頼られての関係
第4段階 承認欲求⇒他者から認められたい、尊敬されたい⇒漢字検定・特技披露など
第5段階 自己実現の欲求⇒自分の能力を引き出し創造的活動がしたい(より自分らしくいたい)⇒認知症になってもその人らしく

法則として、人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて、低階層の欲求が満たされると、より高次の階層の欲求を欲するとされます。

認知症になっても、その人らしく、最期まで生き抜いて欲しい。

そのお手伝いができる介護ってなかなかかっこいい仕事だなと思っています。

漢検本番

今日は漢検本番でした。

入居者さんは5名が受験しました!

今回からより試験に集中してもらえるように机を新調しました。

学校みたいで懐かしいかぎりです(^。^)

今日は今月27日に行われる漢検の予行練習をしました。

今回から机を長机から1人用に変えました(^。^)

いろいろストレスなく集中してくれると嬉しいです。

さて4級からは答案に一部マークシートが出てきました。

あの小さなマスにはみ出さないようにマークするのは高齢者には厳しそうです。

何か、対策を考えないとまずいです(T-T)

緊急時救急箱(FA)

    前回は神田園が町内会のいっとき避難場所の一つに指定されたことを報告いたしました。

    また、場所を提供するだけでなく神田園がどのような支援ができるかを検討するとしていましたが、

    その一つとして緊急時救急箱(FA)を設置することにしました。

    これは事故や災害時に互いに助け合う社会を目指して作られた横浜生まれの救急箱です。

    自分達で使う為でなく、人に提供することを第一の目的にした救急キットで、横浜市中区にある非営利型一般社団法人 FA普及協会で購入できます。

    ステッカーを貼る事で救急箱の所在を伝えることができ、事故や災害時に迅速に救急キットを活用してもらうことができます。このステッカーはよく見ると消防車や郵便配達のバイク、趣旨に賛同された一般企業の社有車にも貼ってあります。

    災害があとを絶たない日本ですが、このような取り組みがどんどん広がっていくといいなと思っております。

久しぶりの神田園陸上部

最近、めっきり活動報告のない神田園陸上部です。

それでも東京マラソンは別格と応募をしていましたが、なんと6名全員落選・・・・・

ガッカリした人、ホッとした人など様々でした。

私も合格したらライザップに行って10kg痩せて・・・など野望が膨らんでいましたが残念な結果となってしまいました。

でもこのままだと今年度、一度も活動しないままになってしまいそうなので、なんとか年内に10kmマラソンでも挑戦したいと思っています。

いっとき避難場所

いっとき避難場所をご存知でしょうか?
大規模災害時に身の安全を守る為に避難する一時的な避難場所です。
その後、家屋の損壊なので自宅で生活できない場合は地域防災拠点(鶴ヶ峰小学校)や広域な大火災などでは広域避難場所(くぬぎ台団地)に避難することとなります。

私たちの町内会では3年前から横浜国大の協力のもと断続的に協議を行い、いっとき避難場所の拡充をすすめていました。
その結果、町内のいっとき避難場所は2カ所から22カ所に増え、グループホーム神田園も、その一つに指定されました。

いざという時に近隣の方たちが避難した時に少しでも安心してもらえるよう、神田園としてただ場所を提供するだけでなく、何が出来るのか検討したいと思います。

福祉体験学習

今日は今宿中学校の3年生が3名、神田園に来てくれました。

一緒にハンバーグやパフェを作って過ごしました。

入居者さんも若いパワーをいただいて張り切って活動していました。

今回は準備から当日の仕切りも全部、スタッフが頑張ってくれました。お疲れ様でした!

それと、しっかり自分達で考えて行動してくれていて、とても頼もしかったです。

第3回 漢字検定 

今日は漢字検定の本番です。

神田園が準会場となり利用者さま5名が漢検に挑みます。

新しい級に挑戦する人、前回合格した級を受ける火と、前回不合格だった級にリベンジする人・・・

この1ヶ月、スタッフ一丸になって勉強のお手伝いをさせて頂きました。

今日は皆さんが持てる力を存分に発揮してもらいたいと願っています。

社会福祉士国家試験を終えて③受験勉強

平成30年3月15日 無事に社会福祉士合格しました。

試験が終わってから総括としてまとめてきましたが、今回を最後にして、これからは社会福祉士としての研鑽を積んでいきたいと思います。

さて、本格的な受験勉強は2017年の11月28日から始めました。約2ヶ月間、集中して計画的に行ないました。

実際はその1ヶ月前からテキスト探しはしていました。自分に合うテキストを見つけることが最重要です。文字の色や大きさ、イラストやまとめ方など教科書によって様々です、手にとって良く吟味することをお勧めします。そして一度決めたら浮気せずに最後までその教科書を信じて勉強すると良いでしょう。

私は認知症介護しかしたことないので、圧倒的多くの分野が未知の世界・・・・いかに視覚的に頭に入ってきやすいかを重視して選びました。

前半1ヶ月は中央法規「書いて覚える!穴埋めチェック」を2周繰り返せるようなスピードでパラパラと見ていきました。補助資料として中央法規「見て覚える!社会福祉士国試ナビ」で全体のイメージを掴みました。このテキストは今回の試験で一番のキーだったと思います。

年が明けてからは、アウトプット中心に勉強を変更し、中央法規の「模擬問題集」で読み解く練習をしました。
気をつけたは瞬発力。共通科目・専門科目ともに1時間で説くことを意識していました。少なくとも3周は繰り返すと良いでしょう。

最後1週間前くらいからは、早足で勉強した後遺症で「似たような文言」や「不正確な知識」で問題の汚しや入れ替えでひっかかりやすくなる時期なので、自分なりに「まとめ」を作って整理して過ごしました。

あと、中央法規でアプリが出ていて「一問一答」「穴埋め」シリーズがあったので、隙間時間はこのアプリで勉強していました。じっくり机に座って勉強!とはなかなか社会人は出来ないので、アプリで勉強はとても役に立ちました。

最後に、「いとう総研資格取得支援センター」さんがユーチューブであげていた試験直前動画も全体の振返りとしてとても参考になりました。

お花見🌸

やっとお花見に来れました。

ちょうど満開でした。

小さな公園でしたが、静かで気持ち良かったです。

団子の代わりに鯛焼きを食べながらのお花見になりました。