社会福祉法人まごころ会グループホーム神田園

指定認知症対応型共同生活介護

TEL.045-371-9181

〒241-0012 横浜市旭区西川島町68-11

未分類

獅子舞

昨日は毎年恒例の笠獅子保存会による獅子舞が神田園に来てくれました。
頭を撫でる人から杖で身を守る人まで様々な反応でしたが、笑顔がたくさん見れました。
私も頭を噛んでもらったので、魔除けになり、一年をより良く過ごすことができそうです。

また、語呂合わせで「獅子が噛みつくと神が付く」という縁起かつぎの意味もあるということなので、よい一年になることを期待しちゃいます(^ ^)

明けましておめでとうございます

無事に年越し夜勤終了しました!

いつもどおりの時間に寝る人も頑張って紅白歌合戦を見きった人もいましたが、今朝は全員で新年最初のご飯を食べました。

お雑煮は出ませんでしたが、黒豆となますが正月🎍の感じでした。

おせちは昼食に用意しているので楽しんで欲しいです。

新しい年が幸せと笑顔の多い年になりますように。

神田園クリスマス会🎄

昨日は毎年恒例の神田園クリスマス会&忘年会を開催しました!

お寿司と天ぷらとビンゴ大会を楽しみました。

プロの握るお寿司に、皆さんの食欲も全開でした(^^)

介護支援専門員更新研修修了!!

昨日ではじめての介護支援専門員更新研修の全課程が無事修了いたしました~

長かった・・・

介護支援専門員(ケアマネ)は5年に1度更新があります。

更新するには「専門研修課程Ⅰ(56時間)」と「専門研修課程Ⅱ(32時間)」の両方の研修受講が必須になります。

研修は主に講義とグループワークになるのですが、最後にミニテストもあったりして油断はできません。

色々な事業所で働くケアマネさん達と様々な事例の検討を行なうのですが、居宅でケアマネをしている方々の知識の広さには本当にビックリしました。

また、様々なシチュエーションのケアプランを見る機会は私には無いことなので、とても良い勉強になりました。

今回、研修を受講するにあたり一つ自分なりのテーマを決めていました。それは「発表」です。

グループワークでは必ず役割分担があるのですが、今回は「発表」を積極的に担おうとひっそり決めていました。

「発表」はみなさん敬遠されるので、立候補すれば必ずなれます。私も人前で話すのは本当は苦手です。

でも多くの人に伝わるように話したり、みんなの意見を要約するスキルは私の仕事にも不可欠ですし訓練するしか上達はしないので、よい機会になると思ったのです。

結果、ほぼほぼ毎回発表する機会を得られて、しまいには「発表したがっているグループ」と先生に目をつけられてしまいました(笑)

自分が発表すると決めているとグループワークも真剣に参加できますし、研修そのものが積極的に取り組めるので、とても充実した研修となりました。

災害用ローソク

今日は夜勤の前に町内会の会合に出席しました。

私達の町内会では災害意識が強く町内会長がトップの災害対策プロジェクトがあります。

今回は会長が探してきた停電時に役立つローソクとマッチが缶になったアイテムがお披露目されました。

1缶で4時間もつそうで、保存も5年間だそうです。

今後、町内会に所属する各ご家庭にも配布するそうです。

法人監査

今日は横浜市健康福祉局監査課による2年に一度の定期監査でした。

無事に終わりホッとしております(^^)

色々教えていただけたので、参考にしながらより健全な法人運営に取り組んで参ります。

マズローと神田園

欲求の5段階説で有名なマズローですが、神田園の介護でも活用させてもらっています。

第1段階 生理的欲求⇒生きていくための基本的・本能的な欲求(食べたい、飲みたい、寝たいなど)⇒身体介護
第2段階 安全の欲求⇒不安・混乱無く生活したい⇒専門的な認知症ケア
第3段階 所属と愛の欲求⇒集団に属したり、仲間が欲しくなる⇒お手伝い、持ちつ持たれつ・頼り頼られての関係
第4段階 承認欲求⇒他者から認められたい、尊敬されたい⇒漢字検定・特技披露など
第5段階 自己実現の欲求⇒自分の能力を引き出し創造的活動がしたい(より自分らしくいたい)⇒認知症になってもその人らしく

法則として、人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて、低階層の欲求が満たされると、より高次の階層の欲求を欲するとされます。

認知症になっても、その人らしく、最期まで生き抜いて欲しい。

そのお手伝いができる介護ってなかなかかっこいい仕事だなと思っています。

漢検本番

今日は漢検本番でした。

入居者さんは5名が受験しました!

今回からより試験に集中してもらえるように机を新調しました。

学校みたいで懐かしいかぎりです(^。^)

今日は今月27日に行われる漢検の予行練習をしました。

今回から机を長机から1人用に変えました(^。^)

いろいろストレスなく集中してくれると嬉しいです。

さて4級からは答案に一部マークシートが出てきました。

あの小さなマスにはみ出さないようにマークするのは高齢者には厳しそうです。

何か、対策を考えないとまずいです(T-T)

緊急時救急箱(FA)

    前回は神田園が町内会のいっとき避難場所の一つに指定されたことを報告いたしました。

    また、場所を提供するだけでなく神田園がどのような支援ができるかを検討するとしていましたが、

    その一つとして緊急時救急箱(FA)を設置することにしました。

    これは事故や災害時に互いに助け合う社会を目指して作られた横浜生まれの救急箱です。

    自分達で使う為でなく、人に提供することを第一の目的にした救急キットで、横浜市中区にある非営利型一般社団法人 FA普及協会で購入できます。

    ステッカーを貼る事で救急箱の所在を伝えることができ、事故や災害時に迅速に救急キットを活用してもらうことができます。このステッカーはよく見ると消防車や郵便配達のバイク、趣旨に賛同された一般企業の社有車にも貼ってあります。

    災害があとを絶たない日本ですが、このような取り組みがどんどん広がっていくといいなと思っております。